H&Mとは?

「H&M(エイチ&エム)」台風が日本の東京・銀座に9月に、日本第1号店をオープンしました。

スウェーデン発のブランドで、低価格と最新モードに強みを持つ「H&M」は、Hennes&Mauritz(ヘネス・アンド・マウリッツ)の略。

ファストフードになぞらえて「ファストファッション」と呼ばれるほど、スピーディーな商品展開で人気の低価格衣料店です。

この分野では、世界最大手の「GAP」や国内トップの「ユニクロ」とどこが違うの?と思う人も多いと思いますが、実はかなり違います。

最も違う点は、「H&M」は自社ブランドのコンセプトの中に、「ハイファッション」という言葉を明記しています。

「ハイファッション」とは、高価の意味ではなく、最先端のモードという意味です。

ニューヨークやパリで発表された最新ファッションにも後れをとらないモード感は、トレンド性の高い商品をそろえたセレクトショップや百貨店に匹敵します。

それでいて「H&M」は、価格の安さは圧倒的で買い物カゴにどんどん詰め込みたくなる気分になります。

加えて商品の回転が速く、売り場に行く度に、店頭には新商品が入荷しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20417270

この記事へのトラックバック