「H&M」をフェミニンに・・・

「H&M」流ハイファッションの象徴は、トップデザイナーとのコラボレーションです。

「シャネル」のカール・ラガーフェルド氏をはじめ、「ステラ・マッカートニー」「ヴィクター&ロルフ」「ロベルト・カバリ」などの有名ブランドを率いるデザイナーや、大物歌手マドンナとのコラボを実現し話題を呼びました。

この春はフィンランドを代表するテキスタイルブランド「マリメッコ」とのコラボ商品が発表されています。

ますます、話題沸騰中の「H&M」。

日本に入ってきた「H&M」の商品は、この秋冬モードで軸になる「クラシック」がトレンド。

「H&M」はストレートに過去のクラシックを表現するのではなく、新しいエッセンスを加えて新顔によみがえらせました。

人気の続いたフェミニンは、秋冬はひねりを加えて進化させています。

マニッシュ、ボーイズテイスト、スポーツなどのスパイスをミックスして、エレガンスを崩すのが「H&M」の新スタイルです。

造形美を感じさせる「H&M」の立体ドレスは、カラータイツで合わせて、ニーハイブーツとも相性バツグンです。

マスキュリンなテーラードジャケットをオンしてエッジを効かせると、フェミニン&マスキュリンで魅せる着こなしになります。

久しぶりに復活したブラウスも今年の「H&M」顔アイテム。

ミディ丈(膝丈)のクラシカルなタイトスカートのウエストにインする着こなしは定番化しそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20417405

この記事へのトラックバック